ドクダミ茶の作り方 作る時期と要れ方 

ドクダミ茶レシピ
ドクダミ茶の作り方

梅雨が近づく5月、6月になると、ドクダミの花が咲きだしますね。
ドクダミと言えば、ニオイが臭く、しつこく生えてくるやっかいな雑草というイメージが強く、苦手な人は多いと思います。

しかし、ドクダミは昔から漢方としてよく知られ、お茶を作ることもできます。

我が家では、庭に毎年ドクダミが生えるので、昔から母がドクダミ茶を作っていました。
今回は、ドクダミ茶の作り方について書きますね。

スポンサーリンク

ドクダミとは

ドクダミの花と葉

ドクダミはドクダミ科ドクダミ属の多年草。
名前に毒がついているので、毒のある植物なのでは?と思われそうですが、ドクダミは「毒溜め」とも呼ばれ、「毒を止める」「毒痛み」に由来し、毒や痛みに効果がある薬草です。
毒はありませんので、安心してくださいね。

生薬名は「十薬」で、十種類の効能があると言われます。
中国名は「魚腥草」(ぎょせいそう)。腥い(なまぐさい)魚。
英語では「fish mint」(フィッシュ ミント)「fish hearb」(フィッシュ ハーブ)と呼ばれ、ドクダミの独特の臭いから、外国では魚のニオイのする草と表現されています。

ドクダミの白い花びらに見える部分は、総苞片(そうほうへん)という名前で、花ではありません。
4枚の花弁の中心に立っている黄色い部分が花で、小さな花が集まっています。

スポンサーリンク

ドクダミの効果と副作用

ドクダミの効果

民間療法のドクダミ茶には、さまざまな効果があります。

  1. デトックス
  2. 血行がよくなる
  3. 利尿作用
  4. 整腸作用
  5. 解熱、解毒
  6. 老化防止、しみ、しわ予防

美容と健康に役立ちそうなドクダミですが、注意することもあります。

ドクダミの副作用


ドクダミはカリウムを含むので、腎機能が低下している場合、かかりつけの医師に相談した方がよいでしょう。

また、便を柔らかくする働きがあるので、人によってはおなかがゆるくなります。
はじめて飲むなら、少量から始め、過剰摂取に気を付けましょう。

スポンサーリンク

ドクダミ茶の作り方

花の咲く時期にドクダミを採る

ドクダミの白い花

ドクダミは、花が咲く時期にもっとも栄養と成分が高くなり、効果が期待できます。
蕾をつけて開花が始まる5月、6月に収穫しましょう。
地上に出ている部分をはさみや鎌で根本から切りましょう。

排気ガス、農薬の被害にあっていない、静かで環境のよい場所にあるドクダミを選びたいですね。

洗う

ドクダミを洗う

収穫したドクダミを洗います。
花も茎も全部使うので、一緒に洗います。

洗面器やボールに入れて、水をためて流しながら洗うと、泥汚れが落ちます。
きれいに見えても意外と汚れているので、水に浸してしっかり洗いましょう。

束にして乾燥させる

ドクダミを束にして根本を輪ゴムで縛る

ドクダミを洗ったら広げて乾燥させます。
乾いたら、適量を束にして根本を輪ゴムで縛ります。

ドクダミ茶の作り方。ドクダミを乾燥させる。

ひもをつけて吊るし、風通しのよい場所で、乾燥させます。
3日~1週間ほどで乾燥します。

ドクダミを乾燥させる。ドクダミ茶の作り方。

4日後。乾燥してきました。
触ってみて、ぱらぱらになれば完成。

ハサミで2~3センチに切る

乾燥させたドクダミを2~3センチに切る。

乾燥したドクダミをはさみで2~3センチに切ります。
乾燥させると、生葉にあったドクダミのニオイがほとんどなくなり、手で触る作業がしやすくなります。

煮だし

ドクダミを煮だしてお茶を作る。

煮だします。
1Lに5g~10gのドクダミを入れて、弱火(とろ火)にかけて10~15分煮だします。
煮だす前に弱火でフライパンで炒ると、まろやかで飲みやすい風味になります。

鍋は、ホーロー、ステンレス、耐熱ガラスを使いましょう。
鉄、銅の鍋は、ドクダミの成分タンニンと反応してお茶が変質するおそれがあります。

ドクダミ茶 出来上がり

ドクダミ茶できあがり。

煮だしおわったら、熱いうちに茶こしやざるにかけ、茶葉を取り除きます。
湯呑に注いでいただきましょう。

飲んだ感想は、ドクダミの臭いニオイはないけど、クセのある味で薬っぽいかな。
好き嫌いがあると思います。

ドクダミ茶の味が苦手なら、ハト麦茶、ほうじ茶、玄米茶など、他のお茶に少量混ぜて飲むと、クセが和らいで飲みやすくなりますよ。

近くでドクダミを収穫できないなら、国産の無農薬ドクダミ茶がおすすめ。

ドクダミ茶の味が好みでなくて飲みにくいなら、ブレンドタイプがいいでしょう。
世界の各地で飲まれている8種類の健康茶にドクダミも入っています。

スポンサーリンク

ドクダミ茶 まとめ

ドクダミを摘み取って乾燥させると、簡単にドクダミ茶を作ることができます。
飲みたいけど味がどうも嫌い、という場合は、煮だす時に茶葉の量や時間を加減したり、他のお茶とブレンドさせることで、好みの味加減を作ることができます。

ドクダミで化粧水を作りました。ニキビや吹き出物を防いで、しみを薄くし、アンチエイジングにも効果のあるドクダミローションです。

花の咲く5月、6月はドクダミの効能がもっとも高くなるので、今が摘み時。
季節の野草を使ったドクダミ茶を飲みながら、リラックスしたおうち時間を過ごしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました