夏マスクを涼しい生地で手作り!手縫いで簡単なプリーツマスク!

夏用涼しいマスク暮らしの工夫

6月に入り、暑くなってきましたね。
毎日使うマスクも蒸れやすく、熱がこもりやすくなって不快ですよね。
夏用の涼マスクが欲しい、ということで手作りしてみました。

素材は、家にあった綿100%の下着シャツです。
触った感触はさらさらで通気性抜群。
下着なので肌触りが良く、「マスク作りによさそう!」と思いました。

今回は、涼しい生地のプリーツマスク、手縫いの作り方を紹介しますね。

スポンサーリンク

素材は綿100%の下着シャツ

綿100%のシャツ生地は通気性がある。

もう着なくなった綿100%の夏用下着シャツです。
さらっとした手触りで通気性があり、涼しい感触。

どこの家にも、いらなくなったシャツってあるのではないでしょうか。
捨てるのはもったいない、かと言って着ないし、とタンスに眠っているシャツ。
綿のシャツなら、夏のマスクにピッタリですよー。

下着は直接肌にふれるものなので、肌触りがよくやわらか。
伸縮性もあり、マスクに使うとフェイスラインになじみやすく、つけ外しもスムーズにできそうです。
では、作ってみましょう!

スポンサーリンク

プリーツマスク 作り方

生地を切る

プリーツマスク生地の型紙

シャツの胴体の広い部分を使います。
表生地と裏生地を切ります。

裏生地の方が横幅が短いのは、ゴム部分を作る時に、表生地だけを三つ折りにするからです。
裏生地も同じ長さにして一緒に折ると、分厚くなってしまいます。
縫うのが大変だし、見た目もきれいに決まりにくいです。

表と裏を重ねて上下を縫い、裏返す

表と裏を2枚重ねて、1㎝上下を縫います。
縫い終わったら、横からひっくり返して裏返します。

プリーツ部分に印をつける

プリーツマスクの折り方。山折りにする箇所

上下を縫って裏返したら、プリーツを作る部分の印をつけます。

上から3.5㎝、その下3.5㎝、もう一つ3.5㎝を山折りにします。

プリーツを作る

プリーツマスクのプリーツを折って作る。

プリーツを作る箇所に印をし、山折り、谷折りをしながらプリーツを作ります。

プリーツマスクのプリーツを作る。待ち針をしたところ。

プリーツが作れたら、待ち針で抑えます。
ここでアイロンを当てると、折れ線がはっきりして形が決まりやすいです。

次は、両端にゴム部分を作りますよ。

ゴム部分を縫う

プリーツマスクのボム部分を縫う

プリーツを作ったら、裏返して端を三つ折りにして、1.5㎝ほど内側を縫います。
ここがゴムを入れる場所になります。

プリーツマスク手作り。ゴム部分を縫い終わったところ。

表から見るとこうなります。
プリーツマスクのボディが完成です。
次はゴムを通しますよ。

ゴムを通して完成

プリーツマスクにゴムを通す

ひも通しを使って両端にゴムを入れます。
ゴムやひもを通す時にあると便利な道具です。
家にひとつあると、いざという時に重宝しますよ。

マスクゴムは、ストッキングを切って作りました。

ストッキングは柔らかくて耳に優しいので気に入ってます。
耳がいたくなりにくいマスクゴム、というのもありますよ。

ゴムの処理をして完成

プリーツマスク完成

ゴムを通したら、好みの長さになるように端を縛ります。
結び目をマスクの中に入れて完成です。

スポンサーリンク

夏の涼しいマスク 手作りプリーツマスク まとめ

綿のシャツを使ってマスクを作りました。
通気性のある涼しい夏の素材を使うと、蒸れが抑えられ、熱がこもりにくくなりました。

これからますます暑くなります。
夏に向けて、快適なマスクをぜひ揃えたいですね。
通気性のある素材を使って、涼しいマスクを作ってみませんか?

ハンカチを使った長方形のマスクの作り方です。

立体マスクの作り方です。無料型紙を使いました。

厚労省、経産省が紹介する布マスクの洗い方です。

新型コロナウイルスの感染防止対策に、夏場を乗り切る快適なマスクを準備しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました