布マスクの洗い方 厚労省、経産省の動画の動画を参考に!

布マスクの洗い方 準備するもの暮らしの工夫
布マスクの洗い方 準備するもの

新型コロナの感染が広まり、使い捨てマスクが手に入らなくなって、布マスクを使う人が増えましたね。
布マスクは洗って何度も使えます。
きれいに洗って、毎日清潔なマスクを使用したいですよね。

ところで、布マスクってどうやって洗うの?
そんな疑問を持っているのではないでしょうか?
洗濯機で洗っていいのか、手洗いにした方がよいのか、悩むところ。

厚生労働省と経済産業省の紹介する「マスクの洗い方」動画は、手洗いでした。
動画を参考に、布マスクを洗ってみたので、洗い方を紹介しますね!

スポンサーリンク

布マスクの洗い方

準備するもの

布マスクの洗い方 
  1. 衣料用洗剤
  2. 塩素系漂白剤
  3. 清潔なタオル
  4. 桶や洗面器(洗う容器)
  5. ビニール手袋
  6. 洗濯ばさみ

洗い方

衣料用洗剤を溶かした水で押し洗い

布マスクを医療用洗剤を溶かした水で押し洗いする。

桶に水を入れ、衣料用洗剤を使用料の目安で溶かす。
2Lの水に0.7gの洗剤が一般的な量。

マスクを浸して10分置く。(浸し洗い)
10分たったら、手で押し洗いする。

  • もみあらいしないこと
  • もむと繊維が傷むので、やさしく押し洗いしましょう。

衣料用洗剤を水道水ですすぐ

布マスクの洗剤をすすいで流す

押し洗いが終わったら、桶の水を流し、マスクを水道水ですすぎます。
2、3回水道水でためすすぎし、しっかりと洗剤を落とします。
マスクを軽く押しながら、水気を切ります。

洗い終わった水にはウイルスが含まれているかもしれないので、水はねしないように気をつけましょう。

一般的な洗い方は、以上の衣料用洗剤と水で終了です。
汚れが気になるなら、塩素系漂白剤を使います。

塩素系衣料用漂白剤で洗う

布マスクを塩素系漂白剤を溶かした水で洗う

塩素系漂白剤は、「キッチン用」と「衣料用」があります。
マスク洗いに紹介されているものは、「塩素系医療用漂白剤」です。

桶の中に、水1Lと塩素系医療用漂白剤を15mlを溶かして混ぜる。
マスクを浸し、10分待つ。
10分過ぎたら、ビニール手袋をしてマスクを押し洗いする。

  • 塩素系漂白剤が肌に触れないように、ビニール手袋をする
  • しずくが飛び散らないようにゆっくり洗う

塩素系漂白剤は、強い殺菌と漂白の働きのある強アルカリ性の漂白剤です。
衣類に付くと色が落ち、素手で扱うと、皮膚に痛みや刺激を受ける可能性があるので、注意しましょう。

洗い方は、軽く押し洗いします。
もみ洗いすると、布の繊維を傷めることもあるので、やさしく洗いましょう。

塩素系漂白剤をすすぐ

押し洗いが終わったら、桶の水を捨て、マスクを水洗いします。
水道水を流しながら桶の中ですすぎ、水を静かに捨てます。
新しい水をすすぎ洗いを2-3回繰り返し、しっかり漂白剤を落とします。

塩素系漂白剤を含んだ水が、肌や服に付着しないように注意しましょう。

タオルに挟んで水気を取る

マスクを洗い終わったらタオルに挟んで水気を取る

塩素系漂白剤を十分に流したら、タオルに挟んで軽く押しながら水気を取ります。

日陰に干して乾燥させる

マスクを洗い終わったら、干して乾燥させる

マスクの形を整えて、日陰に干して自然乾燥させます。
乾燥機を使用すると布地が縮むこともあるので、陰干しがよいですね。

乾いたらアイロンをかけて仕上げをすると、きれいな形になりますよ。

スポンサーリンク

布マスクの洗い方 まとめ

毎日使う布マスク。
清潔な状態を保ち、長く使い続けたいですよね。

以前作ったハンカチ手縫いの簡単なマスクはこちら。

手縫いの簡単立体マスクと無料型紙はこちら。

マスクゴムの代用はストッキングを使ってます。こちらで紹介しています。

夏の涼しい素材でプリーツマスクを作りました。

布マスクの普段の洗い方は衣料用洗剤のみ、汚れが目立つなら塩素系衣料用漂白剤を使って、衛生管理を保ちましょうね。

マスクを手洗いするときのポイントは、

  1. もみ洗いせず、軽く押し洗い
  2. しずくの飛び散りに注意
  3. 塩素系漂白剤を使う時は、台所用ゴム手袋を使用する
  4. 乾燥機は使わず、日陰で自然乾燥
  5. 複数のマスクを1度に洗わず、1枚ずつ洗う
  6. マスクを洗った後は、手洗いをする

マスク不足の今、これからも布マスクを洗って繰り返し使う生活が続きそうです。
洗い方のコツをつかんでいつも清潔なマスクを保ち、長持ちさせて、ウイルス予防に役立てたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました