デイケアに1日いるのはしんどい

困る高齢女性介護

要介護2、認知症の母の介護をしています。

月に一度ケアマネさんが訪問してケアプランを持ってきてくださいます。
母の1週間の介護サービスは3回、リハビリ半日、デイケア1日、デイケア半日。
月に2回、訪問看護に来ていただいています。

ケアマネは母と私に先月と同じ予定を見せ、いかがでしょうかと聞いてくださいました。

母は日頃、1日のデイケアが半日だといいな・・というようなことを言っていますが、ケアマネの前では黙っています。

スポンサーリンク

座る姿勢が長いと苦痛

家ではたいていベッドで横になっている母。
座っていると体が辛いと言います。

茶の間のテーブル席に座ってテレビを勧めても、5分もたたないうちに寝室に行き、ベッドにごろりと横になります。

デイケアに行くと、1日座ってなきゃいけない。

デイでは、午前中は皆さんと一緒にテーブル席に座ってレクリエーションや脳トレをしています。
母にとって座った姿勢でいることはかなり疲れるので、午後からは休憩室のベッドで横になって休むことが多いそう。

気持ちよく横になっていると職員さんに起こされて、「皆さんの中に入りましょう」とテーブルに連れていかれることがあり、体を横にして休めない、というのが不満です。

デイで長時間座っていることが辛い、ということをケアマネに話してみました。
半日デイで座って過ごしたら、お昼には帰り、家で休みたいのですが、ということも。

スポンサーリンク

 座るだけでも運動になる

ケアマネは反対されました。
座るだけでも運動になると言うのです。

座ることは、姿勢を保つ筋力をつけ、体のバランスを保ち、母が悩んでいる便秘の改善にも役立つと。
高齢者が寝てばかりの生活だと、筋肉の動きが悪くなり、関節が固まり、あっという間に寝付いてしまうので、なるべくベッドから離れて体を起こすことが大切ですよ、ということでした。

母のデイケアでの過ごし方、座りっぱなしはキツイので、横になって休みたいという意向は聞いていただけました。

でも、1日の滞在を半日に縮めるのは反対されました。
母と私ががっかりした顔をすると、娘さんだから甘やかして・・と下を向いてぼそっとつぶやかれました。

甘えととられたことで、あ、余計な事を言ってしまったと恥ずかしくなりました。
一日を半日には変えてもらえなかったけど、座りっぱなしの状態がしんどいことはわかってもらえ、デイでは午後からは横になって休めるように口添えしてもらえることになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました