オムツで作る床ずれ防止クッション

オムツで作る床ずれ防止クッション介護

要介護2、認知症の母の在宅介護をしています。

ベッドで横になっている時間の長い母に、床ずれ防止クッションを作ってみました。
長く布団に触れ、圧力のかかりやすい部分が痛むことがあるのです。

作り方は、訪問看護婦さんに教わりました。
家にあるものだけで簡単に作れますよと聞いたので、チャレンジです。

スポンサーリンク

オムツポリマーで作るクッション

オムツポリマークッション材料

材料

  • オムツ
  • ビニール袋
  • 布(枕カバーを使いました)

作り方

オムツポリマークッションの作り方
  • オムツを切り開き、中のポリマーを出してビニール袋に入れます。
  • 水を入れて、ポリマーと水を混ぜます。
オムツポリマークッションの作り方

水とポリマーがくっついて、ゼリー状のかたまりになります。
オムツを扱ってる人ならわかると思いますが、水を入れても入れても、よく吸収してくれます。
混ぜながら様子を見て、ほどよい硬さのポリマークッションを作ります。

オムツポリマークッションの作り方

クッションの中身が出来上がったら、ビニール袋を二重にし、空気をしっかり抜いて口を縛ります。

ビニールの結び目を下にして体に触れないようにし、布でくるみます。
大きさは、約20cm x 15cm。重さは550g になりました。

気になる痛みがクッションで軽減されるとよいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました