白エビ 唐揚げとかき揚げ簡単レシピ サクサクに揚げるコツも!

白エビのかき揚げレシピ

あなたは、白エビって知っていますか?

白エビは、5~8センチほどの大きさで、透明感のある淡いピンク色をしています。
その美しい姿と、富山湾でのみ漁業が行われるという希少性から「富山県の宝石」と呼ばれているんですよ。

ところで、白エビってどうやって料理するのか知っていますか?

私も白エビを初めて見た時、調理のやり方がわからず買えませんでしたが、その後、家族に教えてもらいました。

今回は、白エビレシピの定番、簡単な唐揚げとかき揚げを紹介しますね!
殻のサクサクした歯ごたえと、白エビのほんのりした甘味が絶品ですよ。

スポンサーリンク

白エビ から揚げレシピ

富山産 白エビ
  • 白エビ 150g
  • 片栗粉 大さじ2
  • 塩 ひとつまみ
  • サラダ油 適量

白エビ 下準備

白エビ 調理ハサミでひげを切る
  • 白エビを水洗いし、キッチンペーパーで水気をよく取ります。

白エビは、丸ごと揚げて殻ごと食べることができるので、殻むきは必要ありません。
ひげをつけたままでも大丈夫ですが、長いひげが食べにくく気になるなら、キッチンハサミで切ります

ひげを切ると食べやすくなるので、子供や高齢者のいる家庭ならおすすめです。

白エビのから揚げ 作り方

白エビ から揚げ レシピ
  • 白エビをビニール袋に入れて、片栗粉をまぶし、中でよく混ぜる。
  • フライパンにサラダ油を入れ180度くらいに熱し、白エビを入れます。
    カラッとなり、ほどよい色がつき始めるまで揚げる。
白エビ から揚げ
  • キッチンペーパーの上に上げて、余分な油を切ります。
  • 塩を軽くふって、出来上がりです。
    サクサクの食感を味わいましょう。
スポンサーリンク

白エビ かき揚げ レシピ

白エビのかき揚げ レシピ
  • 白エビ 100g
  • 新玉ねぎ 半分
  • 三つ葉 適量
  • てんぷら粉 100g

白エビの下処理は、唐揚げと同じく、水で洗って水分を切り、ひげが苦手なら切ります。

白エビ かき揚げ 作り方

白エビのかき揚げ レシピ
  • 玉ねぎはスライス、三つ葉は2-3センチに切ります。
  • ボールにてんぷら粉を入れ、冷水を加えてざっくり混ぜて衣を作ります。
  • 白エビ、スライスした玉ねぎ、三つ葉をボールに加えてさっと混ぜます。
白エビのかき揚げ レシピ
  • 180度に熱した油で揚げます。
    大き目のスプーンかおたまを使って、タネを丸くまとめて油に落とします。
    ほどよい色がついたら、裏返します。
白エビ かき揚げ
  • サクッと揚がったら、油をよく切って盛り付けましょう。
    味付けは、塩、天つゆ、大根おろし、しょうが、など、何でも合いますよ。
スポンサーリンク

サクサクに美味しく揚げるコツ

せっかく白エビの唐揚げ、かき揚げを作ったのに、ベチャベチャになってしまった、なんだか味がおいしくない、と悩んでいませんか?
そんな時は、ここを見直してくださいね。

  • かき揚げは、てんぷら粉と冷水をざっくりと混ぜる。
    ぬるい水を使ったり、衣を混ぜすぎると、グルテンが発生して粘り気が出るので、サクッと仕上がりません。
    ボールの中で3回ほどささっと混ぜ合わせ、もうちょっとしっかり混ぜたい、というところでストップするのがコツ。
  • 油をしっかり切る
    揚げ終わったら、油とり紙やキッチンペーパーの上に置き、よく油を切ります。
    うまく揚がったのに、油切りをしなかったり、不十分だと、べったりした油っぽい出来上がりになってしまいます。
  • かき揚げの玉を薄めに作る
    玉が厚いと、熱が通りにくく、外側ばかり色がついて中まで火が通っていないことがあります。
    玉を薄く作れば、短時間で均等に熱が通ります。
  • 揚げる時に、タネを一度にたくさん入れない
    高温の油にタネを入れると、油の温度が一気に下がります。少しずつ入れて、油の温度を保ちながら揚げましょう。
スポンサーリンク

白エビの唐揚げ、かき揚げ レシピ まとめ

今が旬の白エビ、唐揚げとかき揚げの簡単レシピを紹介しました。
簡単に作れて、サクサクの心地よい食感と香ばしさ、クセのないやさしいエビの甘さは、家族みんなが好きなレシピで何度もリピートして作ってます。

「富山県のさかな」に選定され、富山を代表する水産物の白エビ。
富山湾でしか漁業されない幻の白エビは、もちろん通販で購入ができます。
ぜひ一度味わってみませんか?

白エビは傷みが早いので、水揚げ後はすぐ冷凍保存されます。
現在の高度な冷凍技術のもと、新鮮な状態で冷凍されているので、解凍後は殻ごと食べることができて、鮮度も保たれています。

今や白エビは、年間を通していつでもおいしく食べることができる、ということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました